2022年12月1日より2023年4月30日まで
壽聖院所蔵重要文化財石田正継(石田三成の父)
の肖像画修復クラウドファンディングを行います
 
文化財保護の趣旨にご賛同いただける方は、なにとぞご助力をお願いいたします。
石田三成公にまつわる返礼品も多数ご用意しております。
 
詳しくはこちら
 
石田正継像クラファン用HP(12/1より閲覧可)
■退蔵院方丈襖絵プロジェクト 退蔵院・壽聖院 特別公開
 村林由貴が描く禅の世界
日程|2022年12月24日(土)ー2023年1月9日(月・祝)
 
2011年春に始動した「退蔵院方丈襖絵プロジェクト」。
2022年5月8日。約11年の時を経て、
絵師・村林由貴が描く76面の襖絵「五輪之画」が奉納されました。
これを記念し、年末年始に特別公開を行います。
詳しくはこちら
 
※ 京の冬の旅開催のため、1月7日(土)~9日(月・祝)の間は本堂襖絵を外しての展示となります。
書院は変わらずご覧いただけます。ご了承ください。
■第57回 京の冬の旅
日程|2023年1月7日(土)ー2023年3月19日(日)
 
大河ドラマ「どうする家康」にちなみ、
家康に関わりの深い武将の寺として2023年京の冬の旅の特別拝観寺院に壽聖院が選定されました。
展示物は、三成公が初代住職に袈裟を送った際の書状、三成公のご家族の御位牌、
長男重家が記した霊牌日鑑など。石田家一族の供養塔へもお参りください。
詳しくはこちら

[%new:New%] [%article_date_notime_dot%]

[%lead%]

 
続きを読む

[%article_date_notime_dot%] [%new:New%] [%title%]

 
寺子屋プロジェクト

 江戸時代、全国のお寺で寺子屋が開かれ、学問の場となっていました。実はこの寺子屋というのは、「読み書きそろばん」だけを教えていたのではなく、親の職業や生徒の興味に合わせて教科書や教育方法を自由に変えるオーダーメイドな教育を行っていたそうです。
 壽聖院では現在、週に2回、NPO法人寺子屋プロジェクトの「Tera School」の生徒さんたちがやってきます。
"自分自身で学びをデザインする力"、先生だけでなく様々な先輩後輩との関係を重視する"ナナメの関係" そんなコンセプトで主に小中学生の生徒さん(小学3年生以上が対象)と、大学生や社会人のスタッフが学び合っています。

アクセス


〒616-8035 京都市右京区花園妙心寺町44
JR山陰線花園駅より徒歩10分
075-462-3905